島根県 石見空港 就航路線 石見空港へのアクセス 空港連絡バス 道路 駐車場 空港近隣のスポット

島根県

石見空港 就航路線

全日本空輸

東京国際空港(エアーニッポンの機材で運航)
大阪国際空港(エアーニッポンネットワークの機材で運航)

石見空港へのアクセス

空港連絡バス

益田〜石見空港線(石見交通)
益田駅・中吉田口・緑ヶ丘卸団地 - 石見空港
益田〜石見空港〜萩線(石見交通・防長交通)
益田駅 - 石見空港 - 須佐駅 - 奈古駅 - 東萩駅 - 萩バスセンター

道路

島根県道331号石見空港飯田線
萩・石見空港ICより国道9号益田道路を経由し国道191号(高津IC)および国道9号(須子IC)と接続
島根県道328号石見空港線
島根県道255号蟠竜湖線を経由して国道191号まで約1.5km

駐車場

無料駐車場がターミナルに隣接。
312台

空港近隣のスポット

風の丘公園

蟠竜湖

万葉公園

備考

神話の地であることから、航空機到着時に石見神楽が出迎えるという企画が催されたことがあります。

2006年の「萩・石見空港まつり」では空港のトラフィックの少なさを生かし、昼間にエプロンを石見神楽の大蛇で埋め尽くすという企画が行われました。
posted by tomarigi at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 島根県

島根県 石見空港 第三種空港です 石見空港ターミナルビル

島根県

石見空港(いわみくうこう、Iwami Airport)は、島根県益田市にある第三種空港であります。

愛称は萩・石見空港(はぎ・いわみくうこう、Hagi-Iwami Airport)。

空港種別 第三種
管理者 島根県
開港日 1993年7月2日
運用時間 8:00 - 19:30 (JST)
所在地 益田市
海抜 177ft(54m)
位置 北緯34度40分35秒東経131度47分25秒
滑走路
方向 ILS 全長×全幅(m)  表面
11/29 YES 2,000×45   舗装

交通の利便性で著しく劣る島根県西部の高速交通網整備を目的として、島根県が1967年(昭和48年)に石見地方に空港を設置する構想を策定、1987年(昭和62年)の設置許可を経て1993年(平成5年)に出雲空港、隠岐空港に続く島根県下3番目の空港として開港しました。

東京国際空港と大阪国際空港の2路線が開港と同時に就航しました。

元々人口希薄であり、ビジネス客も少ない山陰西部に位置するため、開港以来利用率の低迷が続き、東京線はいったん一日二往復に増便するも再び減便、大阪線も機材の小型化が行われ、現在は各一往復の運航にとどまっています。

利用範囲を萩市など山口県北部にまで見据え、全国的に知名度のある「萩」の名を冠した「萩・石見空港」の愛称を設け、利用促進策として22歳未満の往復利用者への5,000円のキャッシュバック、格安の旅行パックの発売などを行っているが、後述するような問題点もあり、利用向上にはつながっていないのが現状であります。

このため、島根県や益田市は有効活用策として山梨県の日本航空学園の高校誘致を目指すとしています。

石見空港の沿革

昭和48年3月 石見地方に空港を設置する構想を島根県が発表しました。

昭和62年12月 飛行場設置許可しました。

平成5年7月 石見空港開港しました。

平成9年7月 東京便が1日2往復4便に増便しました。(羽田空港発着枠拡大による)

平成11年6月 米軍岩国基地所属F/A18Cが機体トラブルのため石見空港に緊急着陸しました。

平成11年11月 東京便一部減便しました(月・水・金・日は1日1便に)

平成12年4月 東京便1日2便にふたたび増便しました。

平成13年11月 搭乗率低迷のため使用機材がB737-500に小型化しました。

平成14年8月 米軍岩国基地所属UC-12Fが機体トラブルのため石見空港に緊急着陸しました。

平成14年12月 東京便1日1便に減便しました。

平成16年10月 搭乗率低迷のため大阪便使用機材がDHC-8-Q400に小型化しました。

石見空港の問題点

近年、空港は飛行機に乗るための通過点のみならず、店舗やくつろぐ場所を充実するなど、ショッピングや休日を過ごす場としても活用されるようになってきています。

また能登空港のように道の駅を併設し、観光拠点として利用したり、行政機関を併設することにより、空港施設を核とした地域振興を図るなど、地方空港を活用する例も見受けられる中、空港周辺には何もなく、空港利用を地域住民に訴える石見空港の利用促進策がどれほど効果があるかは疑問視されています。

しかし、高速道路も鉄道路線にも恵まれない島根県西部の住民にとっては、他の交通機関と比べ圧倒的に時間短縮ができる航空便の存在が必要不可欠であることもまた、紛れもない事実であります。

軍事的な緊張を抱える朝鮮半島に近いという空港の立地から、軍事利用の可能性が指摘されています。

1999年6月10日米軍岩国基地所属のF/A-18Cが燃料切れを理由に石見空港に緊急着陸しました。

また2002年8月29日にも同基地所属のUC-12F(BE-B200)が操縦室内での煙の発生を理由に緊急着陸を行いました。

これに対し島根県および益田市は「非軍事協定」を根拠として抗議を行いました。

これに対する意見は様々であります。

F/A-18C緊急着陸のわずか2週間前に成立した周辺事態法と関連付けて、意図的に空港を利用したのではないかとの推測がされる一方で、緊急着陸の理由が真実であるとするならばいずれも直ちに安全な場所に着陸する必要があり、航空安全の観点からは軍用機か民間機かの違いや、事前の許可の有無などについて議論することは無意味であるとする考え方もあります。

2006年4月より東京発便の羽田空港出発時刻が6時55分に設定されました。

この変更によって、搭乗するためには空港周辺に前泊することが必要となり、これは観光需要に頼っている同路線にとっては致命的で、団体客の激減、搭乗率の30%台への低下という結果を招きました。

その後地元の強い働きかけもあり、2007年4月に東京出発時間が30分繰り下げられ7時25分に変更され、搭乗率はわずかに回復したがいまだ低迷しています。

石見空港ターミナルビル

運営は石見空港ターミナルビル株式会社です。

1F 全日本空輸カウンター、レンタカー会社カウンター、到着ロビー、バゲージクレイム、島根県空港事務所

2F 空港売店、レストラン、搭乗待合室、出発ロビー

3F 展望デッキ

朝の東京便と夕の大阪便の間は定期便の発着がまったくないため、2Fのレストランは休みになる時間があります。

レストランはエプロンに面し、眺めはよいです。

航空機発着時間以外はエスカレーターの電源が切られていることがあります。

2Fの売店はターミナル直営の「エアポートショップIWAMI」が営業しています。

3Fの展望デッキは無料です。

空港北側の丘が陰になるため、展望デッキからはR/W11への着陸機のタッチダウンポイントは見えない状態です。

東京便はボーディングブリッジより、大阪便は階段でエプロンに下り、エプロンを歩いて搭乗します。

雨天は傘の貸し出しがあります。

posted by tomarigi at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 島根県

島根県 出雲空港 第三種空港です 島根県簸川郡斐川町にあります 出雲空港 就航路線 出雲空港へのアクセス

島根県

出雲空港(いずもくうこう Izumo Airport)は、島根県簸川郡斐川町にある第三種空港であります。

空港種別 公共
運営者 島根県
開港日 1961年
運用時間(JST) 8:00-19:30
受け持ち 出雲市
海抜 15ft(5m)
位置 北緯35度24分49秒東経132度53分24秒
滑走路
方向 ILS 全長×全幅(m) 表面
07/25 25側 2,000×45  舗装

出雲空港就航路線

日本航空
新千歳空港(7月・8月運航)
東京国際空港

日本エアコミューター
大阪国際空港
隠岐空港
福岡空港
かつては名古屋空港、那覇空港、小松飛行場、広島西飛行場への路線も存在しましたが、現在は休止中です。


出雲空港へのアクセス

出雲一畑交通

出雲市駅・体育館前発着便(直江駅経由)
航空便に接続運行。

出雲大社発着便(出雲大社前駅経由)
2便運行。

玉造温泉発着便
玉造温泉→出雲空港の片方向のみ1便運行。
松江一畑交通

松江しんじ湖温泉駅発着便(松江駅経由)
航空便に接続運行。
posted by tomarigi at 12:17 | Comment(1) | TrackBack(1) | 島根県

島根県 隠岐空港 就航路線 隠岐空港へのアクセス

島根県

隠岐空港就航路線

日本航空
(JALエクスプレスの機材・乗務員で運航)
大阪国際空港(夏期臨時増便運航)

日本エアコミューター
大阪国際空港
出雲空港
米子空港へも就航していたが、現在は休止しています。


隠岐空港へのアクセス

隠岐一畑交通

隠岐一畑交通前発着便(ポートプラザ前(西郷港)経由)
航空便に接続運行
posted by tomarigi at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 島根県

島根県 隠岐空港 第三種空港です 島根県,隠岐郡,隠岐の島町(隠岐諸島)にある空港

島根県

隠岐空港(おきくうこう,Oki Airport)は、島根県,隠岐郡,隠岐の島町(隠岐諸島)にある空港です。


空港種別 第三種
運営者 島根県
開港日 1968年
現施設供用日
2006年7月6日
運用時間 9:00 - 17:00 (JST)
所在地 隠岐の島町
標高 262ft(79.9m)
位置 北緯36度10分52秒東経133度19分29秒
滑走路
方向    スペック   表面
ILS m×幅
08/26 LLZonly 2,000×45 舗装

隠岐空港の歴史

1965年 8月 場外離着陸場として開設(滑走路1,200メートル)。米子空港不定期便運航開始しました。

1966年 7月 出雲空港不定期便運航開始しました。

1968年 7月 第三種空港として供用開始。米子空港便、出雲空港便を定期便化しました。

1975年 4月 大阪国際空港便運航開始しました。

1978年11月 滑走路延長等の工事のため供用休止しました。

1979年 4月 供用再開(滑走路1,500メートル)しました。

1998年 4月 米子空港便休止しました。

1999年 7月 新空港建設工事開始しました。

2006年 7月 新空港供用開始(滑走路2,000メートル)、ジェット化しました。
旧空港廃止しました。

posted by tomarigi at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 島根県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。