小松飛行場 一般的に小松空港と呼ばれています 石川県小松市にある共用飛行場 小松市、金沢市、福井市をはじめ、石川県南部(加賀地方)及び福井県北部(嶺北地方)へのアクセス拠点

小松飛行場

小松飛行場(こまつひこうじょう Komatsu Airport)は石川県小松市にある共用飛行場です。

一般的に小松空港と呼ばれています。

小松市、金沢市、福井市をはじめ、石川県南部(加賀地方)及び福井県北部(嶺北地方)へのアクセス拠点となっています。

福井空港のジェット化が白紙になり、福井県が「小松空港重視」へ政策転換したのに伴い、時刻表などには小松空港(金沢・福井)と表記されるようになりました。

本飛行場のIATA空港コードはKMQだが、金沢市のIATA都市コードはQKWであります。

空港種別 その他
運営者 防衛省
開港日 1944年
運用時間 24時間
受け持ち 金沢市・福井市
海抜 AMSL 18 ft (6 m)
位置 北緯36度23分37秒東経136度24分28秒
滑走路
方向   全長    表面
ft m
06/24 8,858 2,700  舗装

小松飛行場の概要は

航空自衛隊小松基地と民間航空(民航)が滑走路を共用しています。

国内の官民共用空港としては、唯一事故の発生が無い飛行場でもあります。

滑走路の両側に誘導路があり、山側を航空自衛隊が、海側を民航のターミナルが利用しています。

民航の定期便としてボーイング747クラスの離着陸があり、北陸地方最大規模の空港と言えます。

計器進入装置であるILSを設置しているため、冬季の悪天候時でも欠航は比較的少ないです。

主に貨物便を想定した欧米との直行便を就航可能にするために、2005年から2006年にかけて、本滑走路の舗装をかさ上げ(路盤の厚さを10cm増加)する工事が行われました。

重量制限は工事前の本滑走路の320tから396tになり、燃料を満載した国際貨物定期便などの大型機材の重量にも耐えられる設計となりました。

航空自衛隊が導入した空中給油機の重量にも耐えられるものとみられます。

工事を終えた本滑走路は2006年12月21日から供用が開始されました。

この工事に伴い、本滑走路の脇に仮滑走路が建設され、2005年3月17日から供用されていたが、仮滑走路は2006年12月20日をもって閉鎖されました。

仮滑走路は用地確保の関係上、本滑走路と100mほどしか離れていないため、2本の滑走路を同時に使用することはできないです。

仮滑走路は解体せず、今後の本滑走路に対する長期的な工事などがあった場合に、再び滑走路として使用される予定であるため、定期的に点検・管理されています。

仮滑走路には、誤着陸を防止する理由で15箇所に「×」の印が書かれ、滑走路の中央部に大きく「こまつ」と縦書きで書かれています。

小松飛行場の歴史

1943年(昭和18年) 旧海軍舞鶴鎮守府の飛行場として建設開始しました。

1944年(昭和19年)11月 東西1500mと南北1700m、2本の滑走路が完成しました。

海軍攻撃隊2個中隊が常駐しました。

1945年(昭和20年)11月 米軍により接収。

補助レーダー基地となりました。

1955年(昭和30年) 不定期路線開設しました。

日本ヘリコプター輸送(現・全日空)による小松 - 大阪線。

1958年(昭和33年)2月 米軍の接収解除しました。

1960年(昭和35年) 滑走路が2400mに延長されました。

共用飛行場に指定されました。

1961年(昭和36年)2月 航空自衛隊小松基地が開庁しました。

1961年(昭和36年)3月 小松救難隊分遣隊が編隊されました。

1961年(昭和36年) 第6航空団編成はじまりました。

第4飛行隊(F-86F)千歳基地から移駐しました。

第8飛行隊(F-86F)松島基地から移駐しました。

1962年(昭和37年) 定期路線開設しました。

1962年(昭和37年)7月 第6航空団編成完結。

1964年(昭和39年) F-104J導入のため滑走路が延長され、2700mとなりまいsた。

1964年(昭和39年)11月 第8飛行隊、岩国基地へ。

1965年(昭和40年)3月 第205飛行隊編成、F-104J配備しました。

1969年(昭和44年)2月8日 第205飛行隊所属のF-104Jが落雷により金沢市の住宅街に墜落しました。

死者4名。パイロットは脱出し無事でした。

1973年(昭和48年) 民航便がB737によりジェット化しました。

1975年(昭和50年)6月 第4飛行隊解散しました。

1976年(昭和51年)10月 第303飛行隊編成、F-4EJ配備しました。

1979年(昭和54年) 国際定期路線(ソウル)開設しました。

1980年(昭和55年) B747が小松 - 東京線で就航しました。

1981年(昭和56年)6月 第205飛行隊解散しました。

1981年(昭和56年)7月 第306飛行隊編成、F-4EJ配備しました。

1981年(昭和56年)9月26日 国内線・新旅客ターミナル完成しました。
1984年(昭和59年)4月2日 国際線・新旅客ターミナル完成しました。

1986年(昭和61年)12月 第303飛行隊がF-15Jに改編しました。

1994年(平成6年) HIACT(国際貨物上屋)完成。輸入促進地域 (FAZ) 指定しました。

1994年(平成6年)7月2日 小松 - ルクセンブルク間にカーゴルックス航空による国際貨物定期便就航しました。

1995年(平成7年)11月22日 G空域で訓練中だった第303飛行隊所属のF-15J(870号機)が人為ミスによりAIM-9Lミサイルを誤射し、僚機のF-15J(846号機)を撃墜しました。

1997年(平成9年)3月 第306飛行隊がF-15Jに改編しました。

2002年(平成14年)6月27日 HIACTの新ターミナル完成しました。

2003年(平成15年)10月12日 三沢基地所属の早期警戒機E-2Cがオーバーラン。約50分間滑走路が閉鎖されました。

2004年(平成16年)4月1日 新管制塔運用開始しました。

2005年(平成17年)3月17日 仮滑走路運用開始しました。

現滑走路閉鎖しました。

2006年(平成18年)12月21日 滑走路かさ上げ工事完了しました。

2007年(平成19年)5月16日 米軍のF-15C・C-17、自衛隊のF-15J・E-767などが、合同訓練のため飛来しました。

2007年(平成19年)5月30日 新国内貨物上屋完成しました。

米軍機の訓練地移転問題について

2006年7月、小松市長が防衛庁(現:防衛省)に出向き、同庁長官に対し、市として小松飛行場における米軍機の訓練受け入れを容認する旨を伝えました。

同月、小松市に続いて同市に隣接する加賀市や川北町などの周辺自治体も受け入れ容認を正式に表明しました。

2007年度の小松基地での米軍の訓練は、3回程度の実施予定があります。

旅客施設

国内線ターミナルビル

国際線ターミナルビル
国内・国際線ともに、北陸エアターミナルビル株式会社が運営。

貨物施設

HIACT(ハイアクト:北陸国際航空貨物ターミナル)
第一国際貨物上屋
第二国際貨物上屋
北陸国際航空貨物ターミナル株式会社が運営する。
国内貨物上屋
日通航空
近鉄エクスプレス
全日本空輸
日本航空
トナミ航空
名鉄ゴールデン航空
北鉄航空
北陸エアターミナルビル株式会社が運営。

その他の施設
大阪航空局小松空港事務所
航空保安協会小松事務所
石川県航空消防防災室
石川県消防防災ヘリ「はくさん」(Bell 412EP / JA893F)を運用する。
中日本航空株式会社小松運行所
自社所有ヘリ常駐。

小松飛行場就航路線

航空会社名が2社以上の場合、最前の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便


国内線

日本航空
東京国際空港

日本トランスオーシャン航空
那覇空港

全日本空輸
(エアーニッポン、エアーネクストの機材・乗務員で運航する便あり)

新千歳空港
仙台空港
東京国際空港
福岡空港
アイベックスエアラインズ・全日本空輸
成田国際空港

新潟空港、福井空港、名古屋空港、岡山空港、広島西飛行場、出雲空港、高松空港、松山空港、鹿児島空港へも就航していましたが、現在は休止しています。

国際線

大韓航空(コリアンエアー)・日本航空
韓国・ソウル仁川国際空港
中国東方航空・日本航空
中国・上海浦東国際空港
アイベックスエアラインズ・全日本空輸・ユナイテッド航空
成田国際空港(国際線乗継専用)

貨物便

国際貨物定期便として、新千歳、香港、台北、フェアバンクス、ドバイ、アブダビを経由して(便によって、北回り、南回りがあり、各便がそれらすべての空港を経由するわけではない)ルクセンブルグと往復するカーゴルックス航空の定期便(B747-400F)が運航されています。

空港へのアクセス

バス

北陸鉄道

金沢駅発着便
金沢市内(武蔵ヶ辻・香林坊等)経由便は航空全便に接続運行
特急便は東京国際空港便に接続運行
野々市車庫発着便(金沢工業大学・金沢国際ホテル経由)
東京国際空港便6便に接続運行

小松バス

小松駅発着便
概ね20〜30分間隔で運行
福井鉄道・京福バス

福井駅発着便(空港連絡バス (福井〜小松空港線))
新千歳空港便、東京国際空港便に接続運行

道路
金沢市方面からは北陸自動車道小松ICが最寄り
福井市方面からは北陸自動車道片山津ICが最寄り


その他
東京国際空港便の年間利用者数は、2005年度で約193万人にのぼり、地方路線ながら東京国際空港発着路線で7番目の利用者数となっています。

特に空港に近い加賀地方南部(小松市・加賀市周辺)、福井県北部の対東京輸送についてはほぼ独占している状況にあります。

一方で、金沢市を中心とする加賀地方北部の対東京輸送については、鉄道、高速バスとの激しい競争下にあり、航空各社も各種割引運賃の設定で対抗しています。

2014年には北陸新幹線が金沢まで開通する予定となっており、東京国際空港便の需要が低下することが予想されているため対策が急がれています。

2009年開港予定の富士山静岡空港と、小松との定期便路線を設けたいという提案が谷本正憲石川県知事から石川嘉延静岡県知事にあり、両県とも前向きに検討する立場をとっています。






posted by tomarigi at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 石川県

石川県 能登空港 就航路線 能登空港へのアクセス 自家用車 タクシー バス レンタカー

石川県

能登空港 就航路線

全日本空輸

東京国際空港(エアーニッポンの機材で運航)

道の駅能登空港

2003年8月8日に、能登空港の施設自体が道の駅能登空港として道の駅に登録されました。

昼間はターミナルビル内の売店・レストラン・自販機・トイレなどが利用できます(レストランは16時まで)。

夜間はターミナルビルが閉鎖されているが、第二駐車場のトイレは開いているので、休憩はそちらを利用することができます。

自販機も作動しています。

近隣の道の駅・SAなどとしては下記があります。

道の駅桜峠 珠洲道路北上(約10分)

別所岳サービスエリア 能越自動車道南下(約20分)

道の駅輪島 県道1号線北上(約30分)

道の駅なかじまロマン峠 国道249号線南下(約40分)

能登空港ターミナルビル

1階が航空会社のカウンターと売店、レンタカーの受付、能登の旅情報センターです。

2階が待合室・搭乗口と土産物売場。3階が見学者デッキとレストランになっています。

レストランは16時までの営業であります。

定食は能登の味覚を色々使い安価でおいしくてお勧めしています。

なお午前中早い時間は飲み物だけの提供になります。

またこのビルは奥能登行政センターを兼ねているので行政機関の事務所もいろいろと入っています。

4階は生涯学習センターとなっていて会議室などがあります。


能登空港へのアクセス

自家用車

空港の駐車場(約500台)は無料で、東京方面に出張する人が数日間駐めてられます(盗難防止は各自の責任で)。

燃料を補給したい人は、空港から珠洲方面に出た所にセルフのガソリンスタンド(夜8時まで)があります。

下記の所要時間は道が混んでおらず、路面に積雪や凍結が無い時のだいたいの時間なので冬場や連休など、またお祭りがあるような時は余裕を持って出た方が良いです。

金沢市方面からは能登有料道路・穴水道路・珠洲道路を走ってくれば辿り着けます。

金沢市街から約2時間くらいです。

七尾市からは国道249号・田鶴浜道路から能登有料道路に入ると良いです。

七尾市街から約50分くらいです。

珠洲市・能登町方面からは珠洲道路を走ってくると良いです。

珠洲市街から約50分。能登町の宇出津(うしつ)から(県道6号線経由で上町ICから珠洲道路に乗って)約30分くらいです。

輪島市方面からは県道1号線を南下してきます。

輪島市街から約30分くらいです。

ふるさとタクシー

羽咋郡以北の能登半島各地(和倉温泉・輪島・珠洲など)と能登空港を結ぶ乗り合いタクシーです。

能登空港から各地へ、また各地から能登空港へと運行されています。

通常ワゴン車だが、乗客が多い時はマイクロバスを使用する場合もあります。

料金も700円〜1800円(2007年7月現在。

以前は河北郡市およびJR金沢駅以北の金沢市からの便(2000円)が設定されていた)と安価で、実質的に小型のバスのようなものであります。

運行路線もだいたい決まっているので、通常のバスが通っていない道まで入ってきてはくれないです。

利用するには事前に予約が必要であります(予約無しの場合、余裕があれば乗せてもらえることもあるが小さい車なので保証できない)。

運行エリアおよび予約先は能登空港のサイトで確認したほうがいいですね。


バス

航空便に合わせて下記のような路線が運行されています。

ただし行き先によっては、かなり時間待ちがあるので、北陸鉄道のサイトで、時刻表をよく確認しておくことが必要です。(本数は2007年1月現在)

穴水町の此木(くのぎ)経由で金沢市方面 1日11本

輪島市方面(一部は輪島経由曽々木口行) 1日7本

能登町の天坂経由で珠洲市方面 1日5本

穴水市街地方面 1日4本

その他 3本(宇出津経由小木方面行・天坂/町野/曽々木経由大谷行・塚田行)

穴水からのアクセス

路線バスまたはふるさとタクシー等で穴水駅まで行くとのと鉄道で、和倉温泉や七尾市方面に出ることができ、そこからJR七尾線で羽咋市・宇ノ気・金沢市方面に出ることが出来きます。

ただし金沢まで行くことが目的なら空港から直接特急バスに乗った方が早いです。

レンタカー

トヨタレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカー、ニッポンレンタカーが利用できます(受付は共同)。

利用したい人は予約しておいた方が良いですね。
posted by tomarigi at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石川県

石川県 能登空港 第三種空港です 輪島市、穴水町、能登町にまたがる木原岳周辺に整備されました 滑走路長は2,000mで、エプロン(駐機場)は小型ジェット機、プロペラ機各2機が同時駐機できます

石川県

能登空港(のとくうこう、Noto Airport)は、石川県が設置・管理する第三種空港であります。

2003年7月7日開港しました。

空港種別 公共
運営者 石川県
開港日 2003年7月7日
運用時間 8:00 - 19:30 (JST)
受け持ち 輪島市、穴水町、能登町
海抜 AMSL ft (219 m)
位置 北緯37度17分31秒東経136度57分32秒
滑走路
方向  全長 表面
ft m
07/25 2000 舗装



輪島市、穴水町、能登町にまたがる木原岳周辺に整備されました。

滑走路長は2,000mで、エプロン(駐機場)は小型ジェット機、プロペラ機各2機が同時駐機できます。

2006年10月23日には国際チャーター便専用の搭乗ブリッジが完成しました。

ターミナルビルは4階建て。日本初の試みとして、空港ビルと行政機関(奥能登行政センター)が合築されており、交通だけでなく、奥能登地域の広域行政の拠点と位置付けられています。

また、道の駅「能登空港」として登録を行い、能登地域の観光情報拠点としています。

能登空港の東には日本航空学園輪島校があり、旅客機と滑走路を同じく使用する航空学校は国内初であります。

計画段階では東京、名古屋、大阪の3路線を見込んでいたが、開港時就航したのは東京国際空港への1日2往復のみであります。


搭乗率保証制度

開港前、1日1往復の運行で利用者数を見極めたい全日本空輸に対し、1日2往復の運行で利便性などを高めたい石川県及び地元自治体側で対立がありました。

そこで、年間平均搭乗率が70%未満の場合は県と地元自治体が航空会社に2億円まで損失を補填する、全国初の「搭乗率保証制度」を導入した。逆に目標以上の利益が得られた場合は、地元に還元すること(2年目から上限2億円)としています。(年々、機体の変更等で目標搭乗率を変更している。)

開港3年目からは、「特別枠」が設けられました。

特別枠内の搭乗率であれば、搭乗率を満たせなかった場合の補填金もしくは満たせた場合の航空会社の協力金を双方支払わないこととしました。

搭乗率結果

ここでの搭乗者数は、能登−羽田便の搭乗者数でありチャーター便などは含まれていない。

1年目(2003年7月7日〜2004年7月6日) 目標搭乗率70%。
搭乗者数は15万1196人、平均搭乗率は79.5%。

2年目(2004年7月7日〜2005年7月6日) 目標搭乗率63%。これは2004年4月1日から使用する機体が126人乗りから170人乗りに大型化されたためです。

搭乗者数は15万5623人、平均搭乗率は64.6%。

3年目(2005年7月7日〜2006年7月6日) 目標搭乗率64%、特別枠63〜65%。2005年4月1日から使用する機体が170人乗りから166人乗りに小型化されたためです。

搭乗者数は16万52人、平均搭乗率は66.5%。

4年目(2006年7月7日〜2007年7月6日) 目標搭乗率62%、特別枠58〜66%。
搭乗率保証制度の緩和によるものです。

能登空港の歴史

2003年7月7日 開港しました。

東京便到着の前に、桂文珍の自家用飛行機が「ゼロ番機」として着陸しました。

2003年7月25日 国際チャーター便初就航。アシアナ航空が韓国、光州空港に向けて飛び立ちました。

2004年2月25日 台北国際空港との間をチャイナエアラインのチャーター便が就航しました。

2004年3月4日 開港からの利用者が10万人を突破しました。

2004年7月7日 開港から一年、年間の平均搭乗率が79.5%に達したため、エアーニッポンより「販売促進協力金」として、9732万円が贈られました。

2004年10月19日 開港からの利用者が20万人を突破しました。

2005年6月21日 開港からの利用者が30万人を突破しました。

2005年7月7日 開港から二年、年間の平均搭乗率が64.6%に達したため、全日本空輸より「販売促進協力金」として、1598万円が贈られました。

2006年7月7日 開港から三年、年間の平均搭乗率が66.5%に達したため、全日本空輸より「販売促進協力金」として、2000万円が贈られました。

2006年9月16日 開港からの利用者が50万人を突破しました。

2007年3月25日 M6.9の能登半島地震により滑走路が被災閉鎖状態(当日は自衛隊ヘリのみ離発着)。
翌日再開しました。

但し、余震活動によっては運行停止がある暫定運用です。
posted by tomarigi at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石川県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。