米沢ヘリポート 山形県米沢市にある公共用ヘリポート 北地方唯一の公共ヘリポート

米沢ヘリポート

米沢ヘリポート(よねざわ-)は、山形県米沢市八幡原2丁目にある公共用ヘリポートです。

2006年4月1日から指定管理者制度によって株式会社テクノプラザ米沢が管理を受託しています。


米沢ヘリポート利用状況

八幡原工業団地内にある東北地方唯一の公共ヘリポートであります。

農薬散布、災害救援等のヘリコプター発着に利用されています。

位置 山形県米沢市八幡原2-444-9
開港 1992年4月1日
運用時間 午前9時から午後5時
(但し日没後は離発着不可)
周辺の地形 山林等
標点 北緯37度54分47秒
東経140度9分58秒
標高 261.5m
滑走路 25m x 20m
誘導路 12m x 8m
着陸帯 25m x 20m( 級)
エプロン
種別 公共用ヘリポート
管理者 米沢市
空港コード
用途 民間・消防
管理面積 2ヘクタール
平均発着数 年間約 便
年間利用者数 約 人( 年)
利用会社 官公庁・使用事業
交通手段
posted by tomarigi at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県

山形県 経済 山形県は果樹王国として全国的に有名 主な生産品としてはサクランボ

山形県

山形県の経済

農業

山形県は果樹王国として全国的に有名であります。

主な生産品としてはサクランボがあります。

高級ブランド「佐藤錦」が有名です。

サクランボ - 佐藤錦の生産地

西洋なし - ラ・フランスの生産地

米の収穫量は、2006年の県別順位で5位の419,000トン(農林水産省統計)で、東北各県や新潟県とともに稲作が盛んな地として知られています。

産業

鋳物鉄器類の生産地(山形市)

将棋駒の生産地(天童市)

金魚の生産地 (←→奈良県大和郡山市)

その他

1997年に東北パイオニアがパッシブ駆動方式有機ELディスプレイに量産成功して以来、最近では有機ELを核とした有機エレクトロニクス関連産業集積による産業おこしを行っています。

これは、有機EL研究の世界的権威である山形大学工学部城戸教授の基盤研究を活用するためであります。

マクドナルドの進出が全国で最も遅かったところです。

1990年12月に県内1号店が開業したが、これは同年5月の旧ソビエト連邦(現ロシア連邦)の首都、モスクワへの出店よりもさらに後となりました。

フォードの正規代理店のない数少ない県の一つでもあります(1990年代前半に『オートラマ山形』が開業したが、数年後閉店。グループブランドのボルボは宮城県本拠のカメイオートが、2005年6月に山形市に代理店を設置しました)。
posted by tomarigi at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県

山形県 観光名所・観光地・旧跡・観光スポット

山形県

山形県の名所・旧跡・観光スポット

花笠まつり

芋煮会

山居倉庫

米沢上杉まつり(4月29日〜5月3日)

致道館(国指定史跡)

酒井氏庭園(国指定名勝)

松ヶ岡開墾場(国指定史跡)

稲荷森古墳(国指定史跡)

城輪柵跡(国指定史跡)

立石寺(山形市山寺)

有形文化財建造物

国宝
羽黒山五重塔
posted by tomarigi at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県

山形県 県庁所在地は山形市 東北地方の県のひとつで、日本海に面しています 県の西部に朝日連峰がそびえ 県域の大半を山地が占め、中央を最上川が流れています

山形県

山形県(やまがたけん、Yamagata Prefecture)は、東北地方の県のひとつで、日本海に面しています。

県庁所在地は山形市です。

山形県の面積 9,323,34km²

山形県の総人口 1,216,116人(2005年12月1日)

山形県庁
所在地 〒990-8570 山形県
山形市松波2丁目8番1号

山形県の地理は、

県域を地図で見ると人間の顔の形をしています。

県の東側一帯で宮城県との境に奥羽山脈、県の西部に朝日連峰がそびえているように、県域の大半を山地が占め、中央を最上川が流れています。

県民の多くがこの川の流域に住んでいるため、「母なる川」とも呼ばれています。

北西側の日本海上には県唯一の離島、飛島があります。

山形県位置

最東端:最上郡最上町堺田

最西端:酒田市飛島

最南端:米沢市関

最北端:酒田市飛島

山岳・山地

奥羽山脈:吾妻連峰、蔵王連峰

越後山脈:朝日連峰、飯豊連峰

出羽山地:鳥海山、月山

特に羽黒山、月山、湯殿山を出羽三山と呼びます。

盆地
米沢盆地
山形盆地
新庄盆地

平野
庄内平野

自然公園は、

国立公園
磐梯朝日国立公園

国定公園
鳥海国定公園、蔵王国定公園、栗駒国定公園

県立自然公園
庄内海浜県立自然公園、御所山県立自然公園、県南県立自然公園、加無山県立自然公園、天童高原県立自然公園、最上川県立自然公園 などがあります。

山形県交通

山形県の代表駅 「山形駅」
山形新幹線で使用される400系(左)とE3系(右)

道路

高速道路

山形自動車道
東北中央自動車道
自動車専用道路
米沢南陽道路
尾花沢新庄道路
主寝坂道路
その他道路



鉄道
奥羽本線(山形新幹線)

羽越本線(特急:いなほ、トワイライトエクスプレス)

仙山線
左沢線
陸羽西線
陸羽東線
米坂線
山形鉄道フラワー長井線

空港
山形空港(東根市。路線:札幌、東京、名古屋、大阪)

庄内空港(酒田市・鶴岡市。路線:東京、大阪)
posted by tomarigi at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県

庄内空港 定期就航路線 空港へのアクセス バス

山形県

庄内空港定期就航路線

全日本空輸
(エアーニッポンの機材・乗務員で運航する便あり)

東京国際空港
新千歳空港(7月・8月運航)
アイベックスエアラインズ
大阪国際空港

空港へのアクセス

庄内交通

庄交バスターミナル発着便(酒田駅経由)

鶴岡駅発着便(東京第一ホテル鶴岡経由)

大阪国際空港便を除く各便に接続運行

山形自動車道庄内空港ICより車で約5分


現状

東京国際空港線は庄内地方から東京へ直行できるほぼ唯一の交通手段である為、機材は小型ではあるものの利用率は非常に高く、地方路線としては非常に収益性が高い路線であります。

しかし、全日本空輸の1社運航である為か運賃の割引は他の路線に比べて非常に小さいです。

それを補うべく、全日空から空港業務を委託されている、庄内交通の子会社庄交トラベルでは、庄内空港発着の各種ツアーの売り込みに力を入れており、ナイトステイ実現という追い風もあって利用者増加に繋がっています。

山形新幹線利用ツアーの割高感を感じていた最上地方からも利用者を獲得しています。

庄内地方全域のほか秋田県にかほ市の人にも利用されています。

にかほ市からは秋田空港より近く、無料駐車場があるためであります。

山形県の空港

庄内空港の山形県内の位置山形県には庄内空港の他山形空港もあるが、こちらは山形新幹線という手強い競合交通手段がある為、山形空港 - 東京国際空港線線の搭乗率は芳しくないです。

一旦は廃止されたが行政の尽力により復活しています。

利用者には補助金がでるという破格のシステムであるが、「そこまでして存続させる必要があるのか」という意見もある。また補助金は県民の税金が原資であるので、当然庄内地方の住民も負担していることになっています。

これには不公平感を抱く人もいます。

一方で県の動きとは別に、庄内地方の市町村が庄内空港の利用客増加を目指すため、大阪便などを対象に独自に助成金を支出しています。

置賜・村山・最上は新幹線、庄内は飛行機、という東京への交通手段のすみわけが出来ている割りには庄内空港は行政・航空会社ともにほぼ放置状態であり、今後の庄内空港の発展が期待されています。

山形県では、中国ハルビンへの定期路線開設を目指しており、チャーター便の運航も行われたが、庄内空港と山形空港が激しい綱引きを行い、山形県内の需要で採算に乗るかという問題もあって話は立ち消えになりました。
posted by tomarigi at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県

山形県 庄内空港 第三種空港です 山形県内二つ目の空港として山形県酒田市と鶴岡市にまたがる位置にあります 空港ターミナルビルは酒田市に位置します

山形県

庄内空港(しょうないくうこう Shonai Airport)は、山形県内二つ目の空港として山形県酒田市と鶴岡市にまたがる位置にある第三種空港です。

空港ターミナルビルは酒田市に位置します。

空港種別 公共
航空管制 国土交通省
運用時間(JST) 7:00〜22:00
海抜 86ft(26m)
位置 北緯38度48分44秒
東経139度47分14秒
滑走路
方向 ILS m×幅   表面
09/27 YES 1999×46 舗装

沿革としては、

1991年10月 供用開始しました。
全日本空輸がエアバスA320で東京国際空港線、大阪国際空港線開設しました。

1995年 6月 新千歳空港便(6月~10月)が開設しました。

1996年 2月 季節便として運航されていた新千歳空港線が定期便となり、通年運航しました。

1996年 4月 動物検疫指定港になりました。

1996年 6月 大阪線が関西国際空港発着に変更しました。

1997年 4月 植物検疫指定港になりました。

1998年12月 関西国際空港線、新千歳空港線が冬期(12月〜4月)運休となりました。

2000年 4月 庄内産青果物フライト輸送50万ケース達成しました。

2000年 5月 関西国際空港線を全日本空輸からエアーニッポンに移管しました。

2000年 7月 搭乗者300万人達成しました。

2003年10月 関西国際空港線休止しました。

2004年 4月 フェアリンク(現アイベックスエアラインズ)が大阪国際空港線を開設しました。

2005年 6月 搭乗者数500万人突破しました。

2006年 4月 機材の夜間駐機(ナイトステイ)が開始されました。

2007年 1月 2006年度をもって休止予定だった新千歳空港線の運航を、2007年度も運航を継続(7月・8月に短縮)し、実績によっては再度休止を検討することが発表されます。
posted by tomarigi at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県

山形県 山形空港へのアクセス バス 鉄道

山形県

山形空港へのアクセス

バス
山交バス

山形駅前・山交ビル発着便
6便運行

鉄道

東日本旅客鉄道(JR東日本)

神町駅より車で約5分くらい。

山形新幹線も停車するさくらんぼ東根駅より車で約7分くらい。
posted by tomarigi at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県

山形県 山形空港 就航路線 現在の年間利用客数は約20万人 山形空港に羽田便が残っている理由は、空港周辺に半導体関連企業が集積しており、高付加価値部品の貨物需要がある

山形県

山形空港 就航路線

日本航空

新千歳空港(ジェイエアの機材・乗務員で運航)

東京国際空港

名古屋飛行場(ジェイエアの機材・乗務員で運航)

大阪国際空港(ジェイエアの機材・乗務員で運航)



その他

全日本空輸(現在は撤退)の東京国際空港線にナローボディのジェット機が多く投入された経緯もあり、ボーイング727のラストフライト(1990年4月27日)、エアバスA320のファーストフライト(1991年3月19日)、ボーイング737-200(初期型)のラストフライト(1992年8月31日)、と実に3年連続3度も同社機材に関するメモリアルフライトの舞台となりました。

1992年には南西航空(現日本トランスオーシャン航空)が、唯一拠点の沖縄県に発着しない、名古屋空港線を開設した。1995年に日本航空に移管されて以降現在まで、日本トランスオーシャン航空は全便沖縄県発着となっています。

年間利用客数は、1991年に羽田便(1日5往復)を中心として約70万人となりピークとなりました。

しかし、1992年の山形新幹線開通(山形駅まで)で減少傾向に転じ、消費税が5%となって消費が低迷すると急速に利用客が減り、更に1999年の山形新幹線・新庄駅延伸でその傾向に拍車がかかりました。

羽田便は2002年11月に廃止になったが、県などでつくる利用推進協議会が着陸料の9割減免と初年度の損失補償を航空会社に約束し、2003年4月から1日1往復で復活しました。

現在の年間利用客数は約20万人で、1991年の3分の1以下となっています。

山形空港に羽田便が残っている理由は、空港周辺に半導体関連企業が集積しており、高付加価値部品の貨物需要があること、荷主の側にも輸送時の破損リスクが低い航空便の存続を願っているという事情があるといわれています。
posted by tomarigi at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県

山形県 山形空港 第二種空港です 山形市から北に約20km程、バスで45分ほどの距離に位置 アクセスには国道13号が利用しやすいです

山形県

山形空港(やまがたくうこう Yamagata Airport)は、山形県東根市にある第二種空港です。

レディオ空港でもあります。

日本海軍の航空基地跡を利用しています。

空港種別 民間
航空管制 国土交通省
運用時間(JST) 8:00-19:30
海抜 353ft(108m)
位置 北緯38度24分42.82秒東経140度22分16.79秒
滑走路
方向 ILS m×幅   表面
01/19 YES 2,000×46 舗装

山形市から北に約20km程、バスで45分ほどの距離に位置します。

アクセスには国道13号が利用しやすいです。

また、空港付近に東北中央自動車道東根ICが完成しました。

滑走路は、開業当初1200メートルで、1973年に1500メートル、1981年に2000メートルと次第に延長されてきました。

山形県では、国際定期路線誘致のため、滑走路の2500メートル延長を計画しているが、山形新幹線開業以来続く空港利用者の減少や仙台空港との競争により、計画が凍結されている状態であります。

山形空港では、利用者の減少に歯止めをかけるために、現在、東京便利用者への助成制度を行っています。

民間航空機の他、山形県警ヘリ「がっさん」、山形県防災ヘリ「もがみ」の基地として、空港そばの神町(じんまち)に駐屯する陸上自衛隊第6飛行隊の飛行場としても使用されています。

陸上自衛隊第6飛行隊の飛行場として使われているため、山形県村山市にある「大高根演習場」など、第6師団管区での訓練に参加する全国の自衛隊や米軍の移動でよく利用されているが、その際に提出される書類に、時々「山形飛行場」「神町飛行場」と誤記されることがあるため、そのたびにすわ軍港化か?という批判が東根市議会や山形県議会で起こりました。


神町の飛行場は、1942年海軍の飛行場が作られたことを端緒とし、戦後は米軍や自衛隊などが利用する飛行場となりました。

1964年に民間空港として山形空港(神町空港)が開港し、現在に至ります。

1964年 第三種空港として神町空港供用開始。滑走路1,200m供用。

1965年 名称を山形空港に変更しまいした。

1969年 陸上自衛隊第6飛行隊が空港施設を使用開始しました。

1973年 滑走路1,500m供用。

1976年 日本初となる滑走路のグルービングを行い、東京線にボーイング737就航(ジェット化)しました。

1979年 空港設備法施行令の一部改正により県管理の第二種空港に指定されました。

1981年 滑走路2,000m供用。

1984年 新ターミナルビルオープンしました。

1988年 県警ヘリ用誘導路の供用開始しました。

1997年 利用者1000万人達成しました。

2002年 緑地整備により「ひこうき公園」完成しました。
       同年10月、全日空撤退

2004年 雄飛航空のヘリコプターが不時着しようとして墜落、乗っていた男性社員が死亡しました。

事故原因は燃料不足の注意灯が点灯したのに飛行を続けたことによります。

その後、山形地裁で男性操縦士に禁固2年、執行猶予4年(求刑禁固2年)の有罪判決です。

空港名称は、

当初、神町空港として供用開始した理由は、山形空港にすると「山形市付近に作れ」という批判がでる恐れがあったからみたいです。





posted by tomarigi at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。