奈良県ヘリポート 奈良県奈良市および菩提山町にまたがる位置にある公共用ヘリポート 奈良県防災航空隊、奈良県警航空隊、アカギヘリコプターが拠点を置いています

奈良県ヘリポート

奈良県ヘリポート(ならけん-)は、奈良県奈良市矢田原町および菩提山町にまたがる位置にある公共用ヘリポートです。

1993年から計画が開始。1996年12月に着工。1998年12月に開港しました。

建設設置費用は約25億円。

ヘリポートの付近一帯は施基皇子陵や光仁天皇陵などがあり、史跡破壊の可能性やクマタカの生息地であるとして、建設中止運動もありました。

当初予定していた関西国際空港との間のコミューター運行、奈良市・斑鳩町地域の史跡観光遊覧飛行、奈良県南部地域からの木材輸送等の民間企業の進出はアカギヘリコプターのみで、2006年現在も格納庫使用者を募集しています。


奈良県ヘリポート利用状況

奈良県防災航空隊、奈良県警航空隊、アカギヘリコプターが拠点を置いています。


位置 奈良県奈良市菩提山町
開港 1998年12月12日
運用時間 午前7時から午後8時
周辺の地形
標点 北緯34度39分23秒
東経135度53分05秒
標高 453.5m
滑走路
誘導路
着陸帯 35m x 30m( 級)
エプロン
種別 公共用ヘリポート
管理者 奈良県
空港コード
用途 民間・消防
管理面積 9.55ヘクタール
平均発着数 年間約 便

年間利用者数 約 人( 年)
利用会社 官公庁・使用事業
交通手段


posted by tomarigi at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61006356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。