薩摩硫黄島飛行場 現在は定期便が無い 鹿児島県鹿児島郡三島村にある飛行場です 日本で最初の村営飛行場となりました

薩摩硫黄島飛行場

薩摩硫黄島飛行場(さつまいおうじまひこうじょう)は鹿児島県鹿児島郡三島村にある飛行場です。

昭和48年にヤマハリゾートが開設、平成6年4月1日にヤマハリゾートから三島村に移管され、日本で最初の村営飛行場となりました。

以前は枕崎飛行場との間に定期便があったが、運航会社が休業したため、現在は定期便が無いです。

空港種別 公営(村営)
運用時間(JST) 8:30 〜 17:00
海抜 338ft(103m)
位置 北緯30度46分51秒東経130度16分22秒
滑走路
方向 ILS 全幅×全幅(m) 表面
18/36 NO 600×25    舗装





posted by tomarigi at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。