名古屋飛行場 その他空港 愛知県にある飛行場 中部国際空港の開港により、名古屋空港 (NagoyaAirport) から名称が変更 名古屋飛行場路線 名古屋飛行場へのアクセス バス 道路

名古屋飛行場

名古屋飛行場(なごやひこうじょう、Nagoya Airfield )とは、愛知県にある飛行場であります。

2005年の中部国際空港の開港により、名古屋空港 (Nagoya Airport) から名称が変更されました。

「名古屋飛行場」は航空法上の正式名称であるが、愛知県により「県営名古屋空港(けんえいなごやくうこう、Prefectural Nagoya Airport)」の愛称が与えられています。

空港種別 その他
運営者 愛知県
開港日 1944年
運用時間 7:30〜22:00 (JST)
受け持ち 航空自衛隊
海抜 AMSL 53 ft (16 m)
位置 北緯35度15分18秒東経136度55分28秒
滑走路
方向   全長   表面
ft m
16/34 8,990 2,740 舗装


設置管理者は愛知県です。

行政区分上では西春日井郡豊山町、小牧市、春日井市、名古屋市(北区)の3市1町にまたがっています。

航空自衛隊小牧基地と敷地を隣接し、滑走路を共用します。

管制業務は、中部国際空港の開港と同時に飛行場管制業務と着陸誘導管制業務を防衛庁(現防衛省)に移管し、航空自衛隊小牧管制隊が業務を実施しています。

また、進入管制業務とターミナル管制業務は国土交通省大阪航空局中部空港事務所が、中部国際空港からの広域管制によって実施しています。

1952年〜2005年にかけては、名古屋市の玄関口としての機能を持ち、日本国内の主要空港の一つでありました。

中部国際空港(常滑市)が開港した2005年2月17日以降は、国内・国際線はほとんどが新空港に移転、設置管理を国土交通省(第二種空港)から愛知県(その他公共用飛行場)へ移管、飛行場管制業務及び着陸誘導管制業務を国土交通省航空局から航空自衛隊小牧管制隊に移管し、中・小型機および自衛隊共用空港・その他飛行場「愛知県名古屋飛行場(通称:県営名古屋空港)」となりました。

尚、定期便や国内・海外飛来機等の旅客は全て従来の国内線旅客ターミナルビルにて取り扱い、税関・入国審査・検疫は1つの部屋にまとまった小規模なものを新設しました。

また、国際線旅客ターミナルビルは閉館し、周辺敷地と共に空港から切り離され、商業施設等に活用される予定です。

名古屋空港内には名古屋空港内郵便局も併設されていたが、2005年2月16日をもって廃局となりました。

また、2月16日は最終便であるサイパン行きの飛行機(中部国際空港の1番便でもあります)を航空会社・空港関係者がペンライトを持って見送り、大勢のファンに惜しまれつつ、第二種空港としての幕を閉じました。

なお、2005年2月、JALグループのジェイエアが広島西飛行場から本社・ベースを移転し、ジェイエアの拠点空港となりました。

現在はビジネスジェットの就航に力を入れており、トヨタ自動車など地元企業を中心に利用されています。


名古屋飛行場の歴史

1944年(昭和19) - 旧日本陸軍小牧飛行場として建設しました。(滑走路1,500m)

1945年(昭和20) - 米軍により接収しました。

1952年(昭和27) - 定期路線開設しました。

1957年(昭和32) - 滑走路が2,740mに延長しました。

1958年(昭和33) - 米軍より返還しました。

1960年 (昭和35)3月16日 - 全日空DC‐3型機と航空自衛隊F-86型戦闘機が滑走路上で衝突、両機とも大破しました。

3人死亡しました。

1960年(昭和35) - 第二種空港に指定され、名称が「名古屋空港」となりました。

1966年(昭和41) - 国際線開設しました。

1994年(平成6)4月26日 - 中華航空140便が着陸に失敗、墜落しました。

死者264人。(中華航空140便墜落事故)

1999年(平成11)4月 - 国際線旅客ターミナル完成しました。

2004年(平成16)10月31日 - 併設されていた航空宇宙館が閉館しました。

2005年(平成17)2月16日 - 一般国内線・国際線の運航終了。国際線旅客ターミナル閉館。国土交通省によるターミナル管制業務を終了しました。

2005年(平成17)2月17日 - 設置者を愛知県に移管しました。

その他飛行場へ指定変更しました。

進入管制及びターミナルレーダー管制業務は中部国際空港が一括して担当(航空自衛隊岐阜飛行場も含まれる)。

飛行場管制業務及び着陸誘導管制業務を、航空自衛隊小牧管制隊に委任しました。

「名古屋飛行場」に名称変更しました。

名古屋飛行場路線

日本航空
(ジェイエアの機材・乗務員で運航)

とかち帯広空港
秋田空港
山形空港
新潟空港
高知龍馬空港
松山空港
福岡空港
熊本空港
長崎空港

北九州空港へも就航していましたが、現在は休止しています。

名古屋飛行場へのアクセス

バス

あおい交通

名古屋駅(ミッドランドスクエア前)発着便(詳細は、名古屋空港直行バス参照)
航空便に接続(23〜25便)運行しています。

名古屋高速道路閉鎖時は運休となります。

平和コーポレーション

名古屋駅(名古屋バスターミナル・ミッドランドスクエア前)発着便
中部国際空港発着便(名古屋駅経由)を含め、21〜25便運行しています。

名古屋駅(中部国際空港)行は予約制。空席がある場合に限り予約無しでも乗車できます。

中津川IC発着便(恵那IC、瑞浪天徳、土岐IC、多治見IC、桃花台経由)
10便運行

名古屋飛行場(中部国際空港)行は予約制です。

空席がある場合に限り予約無しでも乗車できます。

多治見IC - 関市役所間に乗合タクシーの接続がある(完全予約制)。

中部国際空港発着便
中津川IC発着便(名古屋飛行場経由)を含め、18〜20便運行しています。

中部国際空港行は予約制です。
空席がある場合に限り予約無しでも乗車できます。

名鉄バス

西春駅発着便
日中〜夜間は30分間隔で運行しています。

勝川駅発着便(味美駅経由)
10便運行していまうs。

道路は、

名古屋高速道路11号小牧線

小牧市方面からは豊山北出入口

名古屋市方面からは豊山南出入口

東名阪自動車道

大阪方面からは山田東インターチェンジ

東京方面からは楠インターチェンジ

名古屋飛行場周辺

施設

エアフロントオアシス(小牧市側)
航空自衛隊小牧基地
三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所
豊山町役場
豊山町立新栄小学校
豊山町立豊山小学校
豊山町立豊山中学校
アイ・ファイン - メジャーリーガー・鈴木一朗(イチロー)選手の記念館
エアフロントオアシス(春日井市側)

交通

国道41号
名古屋高速道路11号小牧線
豊山北出入口
名鉄小牧線
間内駅
牛山駅
名鉄春日井駅
味美駅



大山川
西行堂川
中江川
久田良木川


航空祭では、周辺自治体の反対によりブルーインパルスの展示飛行は実施されていません。





posted by tomarigi at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 愛知県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: あおい交通あおい交通(あおいこうつう)は、愛知県小牧市に本社があるバス (交通機関)|バス・タクシーの運行会社。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quota..
Weblog: 愛知の企業
Tracked: 2007-10-14 07:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。