調布飛行場 その他飛行場 東京都調布市にある飛行場「調布空港」と呼ばれることもあります 調布飛行場運航路線 調布飛行場へのアクセス

調布飛行場

調布飛行場(ちょうふひこうじょう Chofu Airport)は東京都調布市にある飛行場です。

「調布空港」と呼ばれることもあります。

称 調布飛行場
目的 公共用
空港種別の指定 その他飛行場
管理者 東京都
開港年 1941年
運用時間 4月1日-8月31日
8:30-18:00 (JST)
9月1日-3月31日
8:30-17:00 (JST)
海抜 AMSL 138.8 ft (42.3 m)
位置 北緯35度40分2秒東経139度31分56秒
滑走路
方向   全長    表面
ft m
17/35 2,438 800 アスファルトコンクリート


調布飛行場の歴史

1941年4月、現在の位置に東京府設置の軍民共用の飛行場として開設されました。

開設当初は、現在の滑走路とほぼ同じ位置のメイン滑走路(全長1000m・幅80m)と、メイン滑走路の南端で交わる東西方向の横風用滑走路(全長675m・幅80m)の合計2本のコンクリート舗装滑走路が存在しました。

大東亜戦争中はもっぱら旧日本陸軍が使用しました。

特に1942年のドーリットル空襲後は防空拠点として重要視されるようになり、南は現在の味の素スタジアムのあたり、西は現在の警視庁警察学校のあたりまで、それぞれ拡張され未舗装の滑走地帯となりました。

戦争末期は、首都圏に飛来するB-29などを撃退するために戦闘機隊が配備された。中でも有名なのは三式戦闘機飛燕を装備した飛行第244戦隊で、京浜地区の空襲のたびに出動し、B-29に体当たりするなどして戦果を挙げているが、沖縄戦が始まると、244戦隊が特攻作戦支援のために九州へ転進したため、調布飛行場には偵察機のみが残されました。

敗戦により1945年9月に、日本を占領下に置いた連合国の1国であるアメリカ軍に占領されました。

舗装滑走路は本来の飛行場として使用されたが、戦時中に拡張された未舗装の西側地区は、当初、アメリカ軍の水耕農場として人糞堆肥を用いない衛生的野菜の生産場となり、その後、住宅施設「関東村」として転用されました。

1954年、飛行場の共同使用がアメリカ側から認められました。

1956年には舗装滑走路を含む東側地区が日本に返還され、東京都が管理する場外離着陸場となりました。

1972年2月、地元の三鷹・府中・調布の3市が、市長及び市議会議長で構成する調布基地対策連絡協議会(略称「六者協」)を結成しました。

同年4月、東京都から運輸省へ、3年以内に代替空港の選定および移転をすることを条件に暫定使用を許可されました。

1973年3月、飛行場地区の全面返還。1975年3月、運輸省から東京都へ継続使用の申し入れ。同3月、東京都は運輸省の申し入れを断り、飛行場の移転と敷地明け渡しをするよう回答しました。

同9月、東京都から運輸省へ、飛行場の早期明け渡しの要望しました。

1979年3月、調布-新島間の不定期便運航開始。1984年12月、調布-大島間の不定期便運航開始しました。

1992年7月、調布-神津島間の不定期便運航開始しました。

1992年7月、東京都が日本国から調布飛行場の管理を引き継ぎました。

東京都調布離着陸場管理事務所開設しました。

1996年東京都と六者協が、調布飛行場の正式飛行場化に合意しました。

2001年3月には、法令上、「場外離着陸場」から正式飛行場(「第一種空港」・「第二種空港」・「第三種空港」のいずれにも属さない「その他飛行場」)に昇格し、「都営コミューター空港」となりました。

2本の滑走路のうち東西方向の横風用滑走路のみ占領時代以降使用されなくなっていたが、1990年代前半まではどちらも航空写真などで旧軍時代の舗装跡をはっきり確認することができました。

しかし「関東村」の跡地が国から払い下げられて開発がはじまると、旧滑走路や駐機場の舗装跡は撤去され、改めて現在の滑走路、駐機場、その他の付属施設を新設したため、旧飛行場の面影は現在ほとんど残っていません。

現在、移築保存された旧飛行場の門柱と、飛行場北側に残された戦闘機用コンクリート掩体壕2つだけが公開されています(他にも掩体や対空砲砲座跡が幾つか残っているが、個人の敷地内なので公開されていません)。

調布飛行場運航路線

新中央航空
大島空港
新島空港
神津島空港


調布飛行場へのアクセス

小田急バスが、調布駅、三鷹駅などに路線バスを運行しています。

みたかシティバスが、三鷹市役所前・杏林大学病院に路線バスを運行しています。

京王線西調布駅下車 徒歩15分、飛田給駅から徒歩24分くらいです。

自家用車の場合、有料駐車場あります。


面積: 約39ha

管制圏: 滑走路の中心点から高さ約750m半径5kmの空域。

航空機の駐機可能数: 固定翼機90機 回転翼機(=ヘリ)6機

運用方式: 有視界飛行方式 (VFR)


年に一回祭りが開催され、オークションやフリーマーケット、デモ飛行でにぎわいます。

2006年は10月15日。小雨決行しました。

スタンプラリーや屋台もあります。

荒井由実の「中央フリーウェイ」では調布基地と歌われています。

戦時中の拡張工事の際には、近藤勇の生家が工事の邪魔となり取り壊されています。

飛行場北側の都立武蔵野の森公園内に残存している戦闘機用掩体壕は、復元整備され公開されています。

2006年9月に調布飛行場を舞台にした映画『調布空港』が公開されています。


posted by tomarigi at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 東京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59947013
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ポケットモンスター ポケモン スララ
Excerpt: 夢中でお絵かきしてます。年中さんくらいの子でも意外とうまく書けていて、お兄ちゃんが書いているポケモンが自分も書けるのでとても嬉しそうにしています。・スタンプで手作りカード!・メッセージスタンプ・スノウ..
Weblog: スタンプがすごくよかった
Tracked: 2008-01-28 18:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。