セントレアの愛称 中部国際空港 愛知県常滑市沖の伊勢湾海上にある第一種空港

中部国際空港

中部国際空港(ちゅうぶこくさいくうこう、Chubu Centrair International Airport)は、愛知県常滑市沖の伊勢湾海上にある第一種空港です。

セントレアの愛称でも知られています。

空港種別 商業
開港日 2005年2月17日
自治体 愛知県常滑市
設置者 中部国際空港株式会社
施設運営者 中部国際空港株式会社
緯度 34°51' 30" N
経度 136°48' 19" E
空港コード IATAコード NGO
ICAOコード RJGG
滑走路
方向 長さ 表面
18/36 3,500 m (11,483 ft) 舗装


中部国際空港施設概要について

案内上は中部空港または名古屋(中部)、名古屋 (NGO) と略されることもあります。

空港コード(IATA)は従前の名古屋空港(現・名古屋飛行場(県営名古屋空港))のコードであるNGOが移管されました。

セントレア (Centrair) は、中部 (Central Japan) と空港 (Airport) を組み合わせた造語であり、商標として登録されています。

【商標登録番号】第4566713号。

また、同空港管制の無線呼出名称及び、英語名の一部にも用いられています (Chubu Centrair International Airport) 。

空港ビルの名称、同空港が所在する空港島の地名でもあります。

空港の設置・運営は指定会社である「中部国際空港株式会社」(Central Japan International Airport Co., Ltd.:CJIAC) が行っています。

なお、同空港は着工に入る前頃まで、「中部地域の新しい国際空港」の意味を込めて「中部新国際空港」と呼ばれていたこともありました。

日本で初めて民間の主導で開発された空港である。

国際空港評議会 (AIC) による2006年サービスランキングで、参加した81の空港の中で総合6位、年間旅客数が500万から1500万人規模の25空港では05年・06年共に1位であります。

なお、この調査は国際線の出発旅客約1500人を対象に年4回のアンケートを実施、空港までの交通や、空港内の案内のわかりやすさ、飲食施設、接客態度など22項目を評価してもらっています。

中部国際空港で特に評価が高かった項目は、空港全体の雰囲気の良さ、ターミナルビルの清潔さです。

空港島

面積:580ha(南北4.3km,東西1.9km)
うち空港部分473ha。

残り107haは愛知県企業庁が地域開発用地として、常滑対岸部の130haと共に造成した「中部臨空都市」であります。

飛行場施設

滑走路
運用時間:24時間 / 利用時間:24時間
R/W18 R/W36
誘導路 延長約10.2km 幅30m
エプロン 約80ha 58スポット
滑走路は、滑走路中央部に向けて非常に緩やかな下り勾配になっています。

管制塔

国内初の円形の管制塔でターミナルビルの北東に位置します。

滑走路端まで見渡せる高さということから計算され、高さ86.75m(鉄筋5階建)となりました。

2006年時点で国内では成田国際空港に次ぐ高さだが、将来の東京国際空港の管制塔建て替え後は3位になります。

旅客施設

鉄骨4階建

延べ床面積:約22万m²(南北約1030m×東西約500m)

センターピアをはさんで北ウイング(国内線)、南ウイング(国際線)が配置された折り鶴をイメージしたT字形の構成となっており、移動距離の短さが特長であります。

到着は2階部分、出発は3階部分にまとめられている他、チェックインカウンターから搭乗ゲートまでおよそ300mと近くなっています。

T字型形状に合わせたスポット配置は、計画時に航空関係者を含めて検討を行い、入隅部の機材運用に若干の制約があるが、旅客利便を最優先する概念を妨げるものではないとして決定されています。

ただし、スポットまでの航空機の導線が他空港に比べて複雑になり、スポットによっては、出発の際に長い距離をタキシングする必要があり遅延を発生させる原因のひとつになっています。

ユニバーサルデザインを採用しており、ターミナルビルの随所に段差を無くしたり、障害者用トイレを設置するなどの工夫が見られます。

ターミナルビル東側にはアクセスプラザがあり、2階・3階とスロープで接続されています。

エアバスA380発着時は現状ではボーディングブリッジを使うことはできず、バスでの移動になります。

インラインシステム(In-Line System)

保安検査は、チェックイン後の手荷物の搬送、仕分けの過程で検査を行うインライン方式を採用しています。

通常行われる検査方式では、チェックイン前の手荷物検査で検査場が混雑し、行列が出来てしまい、出発時刻よりかなり早く空港に来る必要がありました。

インライン方式にすることで、旅客ターミナルビルをコンパクトにすることが出来、乗客は搭乗までの時間を食事や両替など、旅の準備に使うことが出来きます。

イギリスなどで行われている多段階の検査方式と同様なものである。

X線保安機器は荷物の断面を360度の映像で見ることが出来る最新鋭機器CTX9000が導入されています。

国際線でインライン方式の手荷物検査を導入したのは日本で初めてであります。

アクセスプラザ

ターミナルビル東側には、交通アクセスを集約した「アクセスプラザ」があります。

アクセスプラザには鉄道駅・バス乗車場・高速船のりば・自動車駐車場・タクシーのりばとの連絡が集約されており、ターミナルビルおよびホテルへのアクセスが便利なようにまとめられています。

ただし、路線バス・貸切バス及びタクシーでの空港到着時の降車場のみはアクセスプラザではなくターミナルビル本館1階となっています。

アクセスプラザからは出発・到着ロビーのある2階及び3階へ段差なしで移動できます。

貨物施設

旅客ターミナルビルに隣接して、貨物ターミナルが設置されています。

国内線・国際線共用であり、トラック待機場の設置などリードタイムの短縮を図るとともに、保税地域の適用による税関手続きの簡素化を目指しています。


環境対策

騒音対策

空港を海上に建設することにより、市街地への航空機騒音を低減しました。

離着陸時の騒音は市街地では騒音基準を下回るようになっています。

海流への配慮

中部国際空港は海上を埋め立てて作った空港のため、空港島によって伊勢湾を南下する海流を阻害しないように、空港島の形状をDの字のような形状としています。

これにより対岸との最小海域幅を確保し、滞流を予防しています。

また直線部分についても、角を丸めることにより渦の発生を防止しています。

海洋生物への配慮

空港島を造成する際に、護岸を自然と共生できるよう配慮されています。

具体的には、島東岸は自然石を用いた傾斜堤護岸を造成し、西岸は上部に消波ブロック、下部に自然石による岩礁性藻場を創出し、自然生物が住みやすいようになっています。

今後の整備計画

二本目滑走路整備事業

全体構想では、4000m滑走路をクロース・パラレルで2本整備し、面積を約800haまで引き上げる、とされています。

クロース・パラレルとは、2本の滑走路を近接(約300m)して平行に配置するもので、主な特徴としては、空港全体の面積を小さくすることができることであります。

「交通政策審議会航空分科会」の答申に盛り込み、2008年から2012年度の国の次期「社会資本整備重点計画」に反映させる事を当面の目標としています。

空港会社内にプロジェクトチームを発足させ、2本目の滑走路建設の全体計画や資金計画及び環境調査などを検討しています。

中部国際空港株式会社の試算によると事業費は約2000億円の見込みです。

二本目滑走路整備事業について国土交通省航空局幹部は「空港会社の収入は着陸料です。

需要の伸びは極めて重要な要素で、計算上十年経っても十三万回を達成できない条件下で、巨額の設備投資をする意思決定はできない」と発言しています。


その他

エプロンを国際線南ウイング南側に7スポット程度を増設する予定しています。

2006年度中にも地盤改良工事を開始し、2010年夏以降に供用を開始します。

ILS(計器着陸装置)をカテゴリーIIIに高めます。

2008年度から運用を開始する予定があります。

posted by tomarigi at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 愛知県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

たった一年半で1405万円を叩き出した●『オーバーナイト投資法』!
Excerpt: 正直に告白します。実は、まったく投資の経験のない素人でも、この投資法はカンタンに実践できるのです。私も数年前まで投資の素人でした。株を始めた最初の一週間で、適当に選んだ銘柄が運良く値上がりし3万円ほど..
Weblog: FX・株式投資の必勝法:投資情報局
Tracked: 2007-10-08 23:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。