静岡県 静岡空港 第三種空港です 静岡県島田市と牧之原市の境

静岡県

静岡空港(しずおかくうこう)は、静岡県島田市と牧之原市の境に建設中。

2009年(平成21年)3月開港予定です。

空港種別 公共
運営者 静岡県
開港日 2009年3月予定
運用時間
受け持ち 静岡県
海抜 AMSL 433 ft ( 132m)
位置 北緯34度47分46秒東経138度11分22秒
滑走路
方向 全長 表面
ft m
11/29 8,202 2,500 アスファルト舗装/コンクリート舗装



富士山静岡空港株式会社

Mt. Fuji Shizuoka Airport Co., Ltd 種類 株式会社
略称 富士山静岡空港、静岡空港
本社所在地 静岡県静岡市葵区御幸町4番地
設立 2006年2月14日
業種 空港運営
事業内容 静岡空港ターミナルビルの賃貸業

空港基本施設の管理受託業務

空港駐車場の運営受託業務

関係する人物 吉岡徹郎 (代表取締役社長)

森下登志美 (取締役)
小杉和弘 (取締役)
石田信之(取締役)
庄司清和 (取締役、時之栖社長)
神谷聰一郎 (取締役、静岡銀行最高顧問)
鈴木修 (取締役、スズキ会長)
伊藤修二 (監査役、ヤマハ社長)

外部リンク 静岡県/富士山静岡空港トップページ


第三種空港

航空法上の設置者・管理者は共に静岡県です。

静岡県は、指定管理者制度等の枠組みを用いて空港の運営を「出来る限り」民間会社に行わせるという構想を持っています。

実現すれば第三種空港としては国内初となります。

受け皿となる空港運営会社として、スズキ、静岡銀行、時之栖、ヤマハ、ハマキョウレックス、静岡鉄道、鈴与、スター精密、富士テクニカ、東芝機械の合計10社が出資して、富士山静岡空港株式会社が設立されました。

静岡空港の歴史

1987年12月 静岡県、県議会の議決により空港建設予定地を榛原・島田に決定しました。

1991年11月 静岡空港が第6次空港整備5ヶ年計画の予定事業となりました。

1993年8月 静岡空港が第6次空港整備5ヶ年計画の新規事業となりました。

1995年12月 静岡県、運輸大臣に対し静岡空港の設置許可を申請しました。

1996年7月 運輸大臣、静岡県に対し静岡空港の設置を許可がでました。

1996年11月 静岡県、静岡空港の用地買収を開始しました。

1998年10月 静岡県、静岡空港の本体工事に着手しました。

2001年6月 建設反対派、地方自治法の直接請求権に基づき住民投票条例の制定を請求 しました。

2001年9月 静岡県議会、住民投票条例案を否決しました。

2004年11月 静岡県、国土交通省中部地方整備局長に対し土地収用法に基づく事業認定を申請しました。

2005年7月 国土交通省中部地方整備局長、静岡空港について土地収用法に基づく事業認定を告示しました。

2006年1月 愛称が「富士山静岡空港」(ふじさんしずおかくうこう、Mt.Fuji Shizuoka Airport)に決定 しました。

2006年2月 静岡県、静岡県収用委員会に対し、空港本体部について土地収用法に基づく権利取得裁決申請、明渡裁決申立を行いました。

2006年7月 静岡県、静岡県収用委員会に対し、空港周辺部について土地収用法に基づく権利取得裁決申請、明渡裁決申立を行いました。

2006年10月 静岡県収用委員会、空港本体部の畑部分について静岡県の申し立てた権利取得および明渡をを認める裁決を行いました。

2006年11月 静岡県収用委員会、空港本体部の山林部分について静岡県の申し立てた権利取得および明渡をを認める裁決を行いまいした。

2006年12月 明渡期限到来により、土地収用法に基づく申請を行ったうち空港本体部の畑部分について静岡県が権利を取得しました。
2007年1月 明渡期限到来により、土地収用法に基づく申請を行ったうち空港本体部の山林部分について静岡県が権利を取得しました。

2007年1月 静岡県収用委員会、空港周辺部について静岡県の申し立てた権利取得および明渡を認める裁決を行いました。

2007年1月 建設反対派、静岡県の求めに応じ、空港本体部の元収用地に残る反対派所有物件を自主撤去しました。

2007年2月 静岡県、反対派の自主撤去をうけて、空港本体部における反対派所有物件撤去を目的とする行政代執行手続を中止しました。

2007年3月 明渡期限到来により、土地収用法に基づく申請を行ったうち空港周辺部について静岡県が権利を取得しました。

これにより土地収用法に基づき県が申請した全ての権利を取得しました。

施設(計画)は、

建設中の静岡空港(2006年9月)標高
132.0m
面積
190ha
滑走路
長さ2,500m、幅60m
着陸帯
長さ2,620m、幅300m
エプロン(バース数)
大型ジェット用2、中型ジェット用1、小型ジェット用2
駐車場
920台



posted by tomarigi at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。