青森県 青森空港 第三種空港です 東北新幹線が八戸駅まで開業したこともあり、今後も航空は厳しい経営を迫られると予想されていたが、ナイトステイ便の利用状況も良く2006年現在では比較的好調

青森県

青森空港(あおもりくうこう Aomori Airport)は青森県青森市西南部、大谷地区の標高約200mの山腹に位置する第三種空港です。

港種別 公共
運営者 青森空港ビル (株)
開港日 1987年7月
受け持ち 青森県青森市
海抜 664ft(202m)
位置 北緯40度44分05秒東経140度41分27秒
滑走路
方向 ILS m×幅   表面
06/24 YES 3,001×61 舗装

2005年6月7日には定期国際線の2路線が同時に就航10周年を迎えました。

東北新幹線が八戸駅まで開業したこともあり、今後も航空は厳しい経営を迫られると予想されていたが、ナイトステイ便の利用状況も良く2006年現在では比較的好調であります。

濃霧による欠航を解消するための計器着陸装置 (ILS)カテゴリーIIIaを導入するための工事が行われ、2007年3月15日から供用開始となりました。

沿革

1962年:設置許可がでました。

1964年:施設供用開始しました(滑走路長:1,200m)。

1979年:新空港建設地決定しました。

1987年:旧空港より新空港移転第一期供用開始(滑走路長:2,000m)。これにより、中型ジェット機の発着が可能となりました。

1990年:空港全面供用開始しました(滑走路長:2,500m)。

1994年:全日本空輸就航によりダブルトラッキングとなりました。

1995年:大韓航空(青森 - ソウル)、ダリアビア航空(青森 - ハバロフスク)就航しました。

1998年:エアーニッポンが仙台空港線を運航しました(約1年で廃止)。

2003年:4月、全日本空輸撤退。スカイマークエアラインズが引継ぐも同年11月末日にて撤退しました。

2005年:滑走路長を2,500mより3,000mに延伸しました。

立体駐車場が完成しました。

2006年:立体駐車場と空港ターミナルを結ぶ連絡通路が完成しました。

2007年:濃霧による欠航対策のため、高度な計器着陸装置であるカテゴリーIIIの運用開始しました。

カテゴリーIII運用関連

2007年3月15日からカテゴリーIII(以下CAT-III)の運用開始されたが、CAT-III運用中の3月27日(当時の視界350m)には羽田発の便の機長がCAT-IIIの運用資格が無い機長だった為、羽田に引き返すトラブルが、又、7月1日には新千歳発の便で出発前にCAT-IIIの設定をしていなかった為、新千歳に引き返すトラブルが、それぞれ発生しました。

尚、上記2件の事案について、青森県は、日本航空に対して青森線にCAT-IIIの運用資格がある機長の優先配置や飛行機出発前にCAT-IIIの機器の作動状況をチェックする様にそれぞれ要請しました。





posted by tomarigi at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。