航空機は大気圏内を飛行する機械 日本の航空法では飛行機、回転翼航空機、滑空機(グライダー)、飛行船のことをいいます

航空機(こうくうき)とは、大気圏内を飛行する機械のことであります。

日本の航空法では飛行機、回転翼航空機、滑空機(グライダー)、飛行船のことをいいます。

一般的には気球なども含めます。

人が乗って操縦する有人機のほか、無線操縦を行う無人機もあります。

航空機の運用者や運用目的等により民間機や軍用機などにも分けられます。

航空機の分類

航空機は、平均の密度が空気より重い重航空機と、空気より軽い軽航空機の2つに大分されます。

以下は基本的にICAOでの分類であります。

重航空機

翼周りの大気の流れによって生じる揚力(動的揚力)によって浮き、飛行する航空機のことです。

翼のタイプにより固定翼機と回転翼機に分けられます。

HTA(Heavier-Than-Air)機とも。

固定翼機

主な揚力を主翼で得る航空機です。

主翼平面形が可変な機体も含むます。

飛行機

固定翼機のうち推進装置を備えるものです。

推進力を生み出すためのエンジンはジェットエンジン、ピストンエンジンなどの内燃機関が主要であります。

ICAOでの分類ではないが一般的に1,500 kg程度で2〜6人乗りの単発レシプロ機のことを軽飛行機と呼びます。

グライダー(滑空機)

固定翼機のうち動力を持たないものをいいます。

別の飛行機による牽引やウィンチによるケーブル巻き取りなどによって離陸し、切り離し後は滑空するものです。

自力で離陸するための機関を備えたモーターグライダーもあります。

パラグライダーやハンググライダーは、法律的には空中浮遊物であり航空機には該当しません。(2004年現在)

超軽量動力機

着陸(水)装置及び動力装置を装備した簡易構造の飛行機です。

マイクロライトプレーン、ウルトラライトプレーン、パラシュートプレーン等ともいわれています。

回転翼機

回転する翼(ローター)により揚力を発生させ、これにより空中に浮ぶ航空機です。

ヘリコプター
エンジンの動力でローターを駆動するものです。

ふつう推力は回転翼をわずかに傾けることで得ます。

オートジャイロ

回転翼自体に動力がつながっているものです。

前進用の推進装置を持ちます。

軽航空機

体積の大きな「気のう(風船のようなもの)」に、水素やヘリウムといった空気より軽い気体を充填することで、機体を空気より軽くし静的揚力(浮力)により飛行する航空機のことです。

LTA(Lighter-Than-Air)機ともいいまうs。

飛行船

軽航空機の中で推進装置をもち操縦可能なものをいいます。

硬い骨組み構造を持つ硬式飛行船(ツェッペリンなど)と、骨組みをもたない軟式飛行船があります。

気球

軽航空機の中で推進装置をもたないものです。

バーナー等で熱した空気を利用する熱気球と、水素やヘリウムなどを使用するガス気球があります。



posted by tomarigi at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

( ウルトラライトプレーン )についての最新のブログのリンク集
Excerpt: ウルトラライトプレーンに関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
Weblog: クチコミコミュニケーション
Tracked: 2007-11-17 06:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。