山形県 山形空港 第二種空港です 山形市から北に約20km程、バスで45分ほどの距離に位置 アクセスには国道13号が利用しやすいです

山形県

山形空港(やまがたくうこう Yamagata Airport)は、山形県東根市にある第二種空港です。

レディオ空港でもあります。

日本海軍の航空基地跡を利用しています。

空港種別 民間
航空管制 国土交通省
運用時間(JST) 8:00-19:30
海抜 353ft(108m)
位置 北緯38度24分42.82秒東経140度22分16.79秒
滑走路
方向 ILS m×幅   表面
01/19 YES 2,000×46 舗装

山形市から北に約20km程、バスで45分ほどの距離に位置します。

アクセスには国道13号が利用しやすいです。

また、空港付近に東北中央自動車道東根ICが完成しました。

滑走路は、開業当初1200メートルで、1973年に1500メートル、1981年に2000メートルと次第に延長されてきました。

山形県では、国際定期路線誘致のため、滑走路の2500メートル延長を計画しているが、山形新幹線開業以来続く空港利用者の減少や仙台空港との競争により、計画が凍結されている状態であります。

山形空港では、利用者の減少に歯止めをかけるために、現在、東京便利用者への助成制度を行っています。

民間航空機の他、山形県警ヘリ「がっさん」、山形県防災ヘリ「もがみ」の基地として、空港そばの神町(じんまち)に駐屯する陸上自衛隊第6飛行隊の飛行場としても使用されています。

陸上自衛隊第6飛行隊の飛行場として使われているため、山形県村山市にある「大高根演習場」など、第6師団管区での訓練に参加する全国の自衛隊や米軍の移動でよく利用されているが、その際に提出される書類に、時々「山形飛行場」「神町飛行場」と誤記されることがあるため、そのたびにすわ軍港化か?という批判が東根市議会や山形県議会で起こりました。


神町の飛行場は、1942年海軍の飛行場が作られたことを端緒とし、戦後は米軍や自衛隊などが利用する飛行場となりました。

1964年に民間空港として山形空港(神町空港)が開港し、現在に至ります。

1964年 第三種空港として神町空港供用開始。滑走路1,200m供用。

1965年 名称を山形空港に変更しまいした。

1969年 陸上自衛隊第6飛行隊が空港施設を使用開始しました。

1973年 滑走路1,500m供用。

1976年 日本初となる滑走路のグルービングを行い、東京線にボーイング737就航(ジェット化)しました。

1979年 空港設備法施行令の一部改正により県管理の第二種空港に指定されました。

1981年 滑走路2,000m供用。

1984年 新ターミナルビルオープンしました。

1988年 県警ヘリ用誘導路の供用開始しました。

1997年 利用者1000万人達成しました。

2002年 緑地整備により「ひこうき公園」完成しました。
       同年10月、全日空撤退

2004年 雄飛航空のヘリコプターが不時着しようとして墜落、乗っていた男性社員が死亡しました。

事故原因は燃料不足の注意灯が点灯したのに飛行を続けたことによります。

その後、山形地裁で男性操縦士に禁固2年、執行猶予4年(求刑禁固2年)の有罪判決です。

空港名称は、

当初、神町空港として供用開始した理由は、山形空港にすると「山形市付近に作れ」という批判がでる恐れがあったからみたいです。







posted by tomarigi at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。