北海道 報道機関

北海道報道機関

新聞

全国紙

朝日新聞

毎日新聞

日本経済新聞

読売新聞

※産経新聞は北海道における発行拠点がない為、産経直営の新聞販売店や新聞スタンド売り等は行われていないが、当日の最終版(15版)を東京から空輸して北海道新聞の販売店からの委託形式で夕方に宅配しています。

地方紙

北海道新聞(札幌市、ブロック紙)

あさひかわ新聞(旭川市)

網走タイムズ(網走市)

岩見沢新聞(岩見沢市)

遠軽新聞(遠軽町)

オホーツク新聞(紋別市)

北空知新聞(深川市)

釧路新聞(釧路市)

札幌タイムス(札幌市)

空知タイムス(芦別市)

千歳民報(千歳市)

道北日報(士別市)

十勝毎日新聞(帯広市)

苫小牧民報(苫小牧市)

名寄新聞(名寄市)

日刊宗谷(稚内市)

日刊富良野(富良野市)

日刊留萌(留萌市)

根室新聞(根室市)

函館新聞(函館市)

羽幌タイムス(羽幌町)

日高報知新聞(浦河町)

美幌新聞(美幌町)

プレス空知(滝川市)

北都新聞(名寄市)

北海民友新聞(紋別市)

室蘭民報(室蘭市)

夕張タイムス(夕張市)

稚内プレス(稚内市)

スポーツ紙

スポーツニッポン

スポーツ報知

道新スポーツ(サンケイスポーツと紙面提携)

日刊スポーツ

夕刊紙

日刊ゲンダイ

夕刊フジ

※東京スポーツは北海道内に印刷拠点がないため、東京で印刷した新聞を北海道に輸送して朝刊扱いで発売しています。

このため、東京より1日遅れの内容となっています。

フリーペーパー

ホットペッパー(札幌市・旭川市)

経済の伝書鳩(網走・北見地方)

テレビ局

道内の放送局は7地域に分割されています。

分割はNHKの場合以下の通りになる(民放は放送局によって札幌エリアと室蘭エリアの分割方法が多少異なる)。

札幌エリア(石狩支庁・後志支庁・空知支庁中南部)
室蘭エリア(胆振支庁・日高支庁)
函館エリア(渡島支庁・檜山支庁)
旭川エリア(上川支庁・空知支庁北部・留萌支庁・宗谷支庁)
帯広エリア(十勝支庁)
釧路エリア(釧路支庁・根室支庁)
網走(北見)エリア(網走支庁)
地上波テレビ

北海道放送(HBC)(JNN系列、札幌アナログ1ch デジタル19ch リモコンキーID1)

NHK札幌放送局(札幌総合アナログ3ch デジタル15ch リモコンキーID3 札幌教育アナログ12ch デジタル13ch リモコンキーID2)・NHK函館放送局・NHK旭川放送局・NHK釧路放送局・NHK帯広放送局・NHK北見放送局・NHK室蘭放送局

札幌テレビ放送(STV)(NNN系列、札幌アナログ5ch デジタル21ch リモコンキーID5)

北海道テレビ放送(HTB)(ANN系列、札幌アナログ35ch デジタル23ch リモコンキーID6)

テレビ北海道(TVh)(TXN系列、札幌アナログ17ch デジタル14ch リモコンキーID7)

北海道文化放送(uhb)(FNN系列、札幌アナログ27ch デジタル25ch リモコンキーID8)

※TVhについては、札幌から帯広・釧路・網走までのNTT中継回線の使用料が、TVhが支払えない程の高額であるため、帯広区域・釧路区域・網走区域の全域、それ以外の4地区の各一部地域でも中継局が未設置で視聴出来ず、ところによってはケーブルテレビの再受信を利用します。

また、アナログ放送未開局となっているこれらの地域での地上デジタル放送の開局も経営上の理由から検討中とされている主要地域の設置にとどまり、これ以上の設置は行われない可能性が高い(道内全7地区の基幹局で送信できるかは北海道総合通信網へTVhが支払う回線使用料次第、7基幹局からの中継局はTVh自身の経営次第)。

TVhの受信については「音更町でTVhを遠距離受信しょう!」・「地デジ遠距離受信 in 北海道」でも紹介しています。

尚、2007年を目途にスカイパーフェクTV!とJSATが衛星を使った再送信を始める予定で、2005年8月にも実験を開始し、難視聴を解消する方針だ(参考ページ)。しかしながら、衛星波ではワンセグが利用できず、実際に再送信を見るにはスカイパーフェクTV!との契約が必要で、契約料や月々の視聴料等の経済的負担が発生してしまう、更に地上波だけで十分と考える視聴者が依然として多い為、実際に普及するかは不透明です。

衛星を使わず、地上波だけでも送信所の設置場所の変更(1000m超の自然公園に入っていない山へ移設など)で中継局数を減らす方法があります。

北海道新聞では上述の理由から網走の朝刊・夕刊、並びに釧路・帯広の夕刊では番組表のTVhの欄を地元企業の広告に差し替えています。

またテレビ面解説コーナーには「一部の地域ではTVHを受信できません」という注釈が付けられています。

またこの地域のローカル新聞においても、TVhの欄を省略しています。

(他の全国紙・スポーツ紙=道新スポーツ含むは全道版なので受信できない地域でもTVhの番組表は載っています)

ケーブルテレビ

J:COM 札幌(札幌市、ジュピターテレコム系列)
帯広シティケーブル(OCTV)(帯広市、十勝毎日新聞社系列)
釧路ケーブルテレビ(KCTV)(釧路市)
旭川ケーブルテレビポテト(旭川市)
ニューメディア函館センター(NCV)(函館市、ニューメディア系列)

ラジオ局

AMラジオ局

NHK札幌放送局・NHK函館放送局・NHK旭川放送局・NHK釧路放送局・NHK北見放送局・NHK帯広放送局・NHK室蘭放送局(NHK第一放送(総合放送)、NHK第二放送(教育放送))

北海道放送(HBCラジオ)(JRN・NRN系列)

STVラジオ(NRN系列)NHK・HBCテレビラジオ・STVテレビとは異なり、札幌と室蘭は1つの区域としています。

FMラジオ局

エフエム北海道(AIR-G')(JFN系列)

NORTH WAVE(JFL系列)

NHK札幌放送局・NHK函館放送局・NHK旭川放送局・NHK釧路放送局・NHK帯広放送局・NHK北見放送局・NHK室蘭放送局

※AIR-G'は、宗谷、根室など道内一部地域で、NORTH WAVEは室蘭市を含む胆振西部、網走、宗谷、根室などの道内の一部地域で送信所・中継局がない為に聞けない地域もあります。

コミュニティFMラジオ局

三角山放送局(札幌市西区)
さっぽろ村ラジオ(札幌市東区)
ラジオカロスサッポロ(札幌市中央区)
ラヂオノスタルジア(札幌市中央区)
FMアップル(札幌市豊平区)
ドラマシティFM新さっぽろ(札幌市厚別区)
グリーンエフエム(札幌市南区)
FMりべーる(旭川市)
FMいるか(函館市)
FMくしろ(釧路市)
FMメイプル(北広島市)
FMパンプキン(恵庭市)
FMおたる(小樽市)
ラジオぼこいふじ(室蘭市、設立準備中。インターネット放送は開局済み。)
FM G'-SKY(滝川市)
エフエムもえる(留萌市)
FMはまなすジャパン(岩見沢市)
FM STA.BEAT(芽室町、ミニFM局として開局)
FMわっぴ〜(稚内市)
FM-JAGA(帯広市)
FM WING(帯広市)
FMねむろ(根室市)
ラジオふらの(富良野市)
Airてっし(名寄市)
FMニセコ(倶知安町)
posted by tomarigi at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(2) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55484825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: スポーツWAVE『スポーツWAVE(すぽーつ うぇーぶ)』は、フジテレビジョン|フジテレビで1994年4月2日から1995年3月26日までにかけて放送された複合型報道番組。正確には、放送年によって『L..
Weblog: いま流行のTV番組を集めました
Tracked: 2007-10-05 06:34


Excerpt: ブロック紙ブロック紙(ブロックし)とは、販売地域が複数の都府県に跨がる地方紙を指す。一般的な地方紙よりも大きいが、全国紙のように日本中を網羅していない新聞をいう。広範囲の地方圏で、圧倒的な部数と影響力..
Weblog: 新聞を読もうね
Tracked: 2008-02-17 07:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。